大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
卒業研究(中国研究) 許 挺傑

通年
選択必修 4 演習 国際総合学科2年
■ 授業の目的・到達目標

中国の文化・社会・言語など様々な側面を取り上げ、日本との比較を行いつつ、中国への理解を深めていきます。
中国の文化・社会・言語に関わるテーマで自ら情報収集を行い、更に、ゼミでの発表やディスカッション、論文の執筆、卒業発表会での発表などを通じて、卒論のためだけでなく、現代社会を生きるための情報収集力、文章執筆力、表現力などを育成していきます。

■ 各回の授業内容

前期:中国の文化・社会・言語に関するテキストをゼミで講読します。担当者が担当箇所の発表を行い、受講者全員で質疑応答、ディスカッションを行います。それと平行して、各自の研究テーマを絞り込み、論文の大まかの構成を考える作業も進めていきます。前期終了前に、ゼミで「論文構想発表会」を行い、各自の論文テーマや概要、章立てなどについて発表してもらいます。
後期:各自の研究テーマについて進捗状況(研究発表)を報告してもらいつつ、論文執筆に必要な知識や技能などを学びます。最終的に教員や受講者とのディスカッションを通じ、議論を深めていき、卒業論文を仕上げていきます。

■ 準備学習等

ゼミでテキストの講読を行う際に、必ず事前にテキストをしっかり読み込むこと。
自分の研究テーマだけでなく、広くアンテナを張り、自ら積極的・多角的に情報収集をし、定期的に整理整頓することを心がけてください。

■ 成績評価の方法・基準

平常点(40%)、卒業論文・卒業研究発表(60%)を目安に総合的に判断します。

■ 教科書

教科書は特にありません。
各自の研究テーマに応じて紹介します。

■ 参考図書

■ 履修の条件・注意事項

中国語ⅠA・ⅠBを履修済みのこと(必須)、中国語ⅡA・ⅡBを卒業ゼミと平行して受講すること(できるだけ)、中国の文化・社会・言語などに強い興味や関心を持っており、各自の研究テーマについて教員の指導を受けつつ、自ら積極的に進めていくこと、演習形式の授業であるため、授業中に積極的に議論に参加すること、などが求められます。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.