大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
造形研究Ⅰ(メディアデザインコース) 於保 政昭
鈴木 慎一
鈴木慎一
於保政昭
前期
必修 8 実技 専攻科造形専攻1年
(メディアデザイン)
■ 授業の目的・到達目標

造形に関する基本的な知識及び技能の理解の上に立ち、その表現について研究する。

●メディアデザインAでは、映像ソフトや各種CGソフトを組み合わせて多様な表現方法を探求し先端的な静止画像及び映像表現の可能性を模索する。

●メディアデザインBでは、各自が探求する制作スタイルを基盤とし、プリントメディア・写真・版画等の複製技術について深く考察すると共に、表現の確立を目指すため学術的な要素と技術を様々なジャンルに関わり研究を深める。

■ 各回の授業内容

メディアAでは与えられた課題に沿って作品を作成する。
メディアBではそれぞれのコースで自分の志向する研究テーマを選び個別に行う。

●メディアデザインAでは、3Dソフト及び映像ソフトを利用したより高次な静止画像及び映像制作に関する表現方法を考察し、課題を通じて各種の基本的な知識及び技能を深める。

●メディアデザインBでは、各自の進路設定に併せて、課題とスケジューリングを行い制作と学術的なディスカッションを行う。また外部活動によるアートプロジェクトへの参加を行う。
学外実習を行うことがある。

■ 準備学習等

それぞれのテーマについて広く情報を収集し自分の作品にどのように生かしていくかを常に念頭に置いておくこと

■ 成績評価の方法・基準

メディアA 出席(30%)作品(50%)作品プレゼンテーション(20%)
メディアB 授業の取り組み(50%)作品(50%)

■ 教科書

必要に応じて資料のコピーを配付する。

■ 参考図書

■ 履修の条件・注意事項

メディアAでは、短大1年生と合同で授業を行い与えられた課題に沿って作品を作成する。また、短大1年生と作品のプレゼンテーションを通じてお互いのスキルを切磋琢磨する。
メディアBでは学外活動を行う場合がある。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.