大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
観光ビジネス実務演習 宮野 幸岳
現地実習先担当者
前期集中
選択 2 演習 国際総合学科2年
■ 授業の目的・到達目標

 観光は地域における多様な産業の構成・連携によって成り立つことを踏まえ、新たな視点で地域の魅力を向上させる戦略立案や事業企画の基礎的能力を育むことを目的として、現地実習を取り入れながら、具体的かつ実践的に学修します。
 授業の到達目標は以下の通りです。
①観光を支える多様な産業の構成と連携について、基礎的理解を備えている。
②現地実習を通して、新たな戦略立案や事業企画を行うための課題発見力を身につけている。
③観光ビジネスの観点から、地域の魅力を向上させる戦略立案や事業企画を考え出し、その企画案を他者に対してプレゼンテーションすることができる。

■ 各回の授業内容

01.イントロダクション(カリキュラム説明、現地実習スケジュールの確認など)
02.事業企画基礎Ⅰ(調査・設計)
03.事業企画基礎Ⅱ(マーケティング・顧客志向)
04−12.現地実習
13−14.事業企画プレゼンテーション
15.ふりかえり

■ 準備学習等

 特に事前学習は必要ありませんが、受講生には、社会人としての自主性・積極性を発揮し、現地実習先の社内ルールを遵守するとともに、礼儀やマナーを守る姿勢が求められます。

■ 成績評価の方法・基準

 平常点(20%)、レポート(80%)を目安として、総合的に判断します。

■ 教科書

■ 参考図書

■ 履修の条件・注意事項

 学外活動を伴う本講義のカリキュラムでは、とくに現地実習において、受講生の参加態度等が著しく悪く、実習継続が不適当と担当教員等が判断した場合は、現地実習を取りやめることがあります(その場合、単位は「不可」となります)。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.