大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
観光資源論 高瀬 圭子

後期
選択 2 講義 国際総合学科2年
■ 授業の目的・到達目標

観光資源とは、人々を観光行動へと誘う様々な対象を作り上げている要素、もしくはその素材であり、自然観光資源、人文観光資源、複合観光資源に大別されます。本講義では、観光資源についての考え方とその分類について解説したうえで、自然景観や歴史的町並み、さらに音楽や美術などの芸術を観光資源として活用しているヨーロッパの事例を紹介します。また、日本・大分における身近な事例との比較・考察を行います。到達目標は次の通りです。
1. 観光資源に関する基本的な知識を身につける。
2. ヨーロッパと日本の多様な事例を学ぶことによって、観光資源についての知見を広げる。
3. 具体例を通じて、観光資源を見出し観光地形成へと発展させる方策を学ぶ。

■ 各回の授業内容

1. ガイダンス
2. 観光資源の定義と分類
3-4. 自然景観:アルプスとツーリズム
5-7. 温泉:中欧と日本の温泉文化
8-9. 歴史的建造物:ヨーロッパの聖堂と城
10-11. 歴史的景観:ヨーロッパの都市と町並み保存
12. 観光街道:ロマンティック街道の成功
13. 美術館:人気ミュージアムの現代における展開
14. 音楽文化:音楽祭と地域活性化
15. まとめとふりかえり

■ 準備学習等

開講時に指示します。

■ 成績評価の方法・基準

平常点(小レポートなど授業への取り組み)(40%)および学期末レポート(60%)

■ 教科書

教科書は使用しません。

■ 参考図書

講義中に随時紹介します。

■ 履修の条件・注意事項

学期末レポートを提出して成績評価を受けるためには、出席状況が規定を満たしている必要がありますので、注意してください。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.