大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
生徒指導論(進路指導を含む) 長谷川 祐介
前期
選択 2 講義 美・音・2年(教職)
■ 授業の目的・到達目標

[授業の目的]
教師として生徒指導を実践して上で必要となる理論や考え方、実践方法などを理解し、生徒指導に関する実践的能力の基礎を培う。
[到達目標]
1.生徒指導の意義と原理を理解する
2.生徒指導に関する法制度と学校における生徒指導体制を理解する
3.いじめや非行など問題行動への対応のあり方について理解する
4.場面指導の構想や経験を通して、生徒指導において求められる資質能力を理解する。

■ 各回の授業内容

第1回   オリエンテーション:授業の進め方
第2回   生徒指導の意義と原理(1):生徒指導の定義
第3回   生徒指導の意義と原理(2):教育課程における生徒指導
第4回   生徒指導の意義と原理(3):発達観と指導観
第5回   生徒指導の意義と原理(4):集団指導と個別指導
第6回   生徒指導の意義と原理(5):学校における生徒指導体制
第7回   問題行動への対応・開発的生徒指導(1):非行
第8回   問題行動への対応・開発的生徒指導(2):いじめ
第9回   問題行動への対応・開発的生徒指導(3):不登校
第10回   生徒指導に関する法制度
第11回   場面指導(1):場面指導案を考える
第12回   場面指導(2):場面指導の実践
第13回   場面指導(3):場面指導の実践を振り返る
第14回   生徒指導に関わる教師の実践:児童生徒の変容と今後の生徒指導
第15回   まとめ

■ 準備学習等

授業後に学習した内容を振り返り、不明な点がある場合は自分で調べたり質問したりするなどして解決すること。

■ 成績評価の方法・基準

期末試験 80%、場面指導 10 %、授業出席時のコメント 10%

■ 教科書

文部科学省(2010)『生徒指導提要』教育図書

■ 参考図書

授業時に適宜紹介する。

■ 履修の条件・注意事項

授業中、よりよい環境で学習できるよう心がけること。
遅刻、欠席は厳禁。やむを得ない事情で遅刻欠席する場合は、原則、授業前までに連絡すること。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.