大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
映像表現特論 狩谷 新

前期
選択 2 講義 専攻科音楽専攻1年
専攻科造形専攻1年
■ 授業の目的・到達目標

動画による自己表現の基礎を学ぶことが主要な目的です。動画表現の特徴を理解し、その特性を活かした表現をみにつけるよう指導します。到達目標は以下の通りです。
①動画表現の特性を理解する。
②表出されるシーンの役割について理解する。
③描出されない部分のやくわりについて理解する。
④静止画と動画の違いを明確化できる。

■ 各回の授業内容

第1回 映像表現の基礎
第2回 動画表現の特徴
第3回 収録技術の基礎
第4回 構成
第5回 色彩
第6回 音声収録の基礎
第7回 音楽と映像
第8回 収録実習I
第9回 収録実習Ⅱ
第10回 編集の基礎
第11回 編集実習I
第12回 編集実習Ⅱ
第13回 仕上げの基礎
第14回 仕上げ
第15回 発表講評

■ 準備学習等

高い評価の定まっている過去の映像作品の積極的鑑賞

■ 成績評価の方法・基準

日頃の授業内でのリポートおよび中間期末でのリポートをもとに評価します。評価の基準は以下の通りです。
S(90点以上)=上記の到達目標をすべて達成しており、うち3つ以上を「優れた水準」で達成。
A(80点以上)=上記の到達目標をすべて達成しており、うち2つを「優れた水準」で達成。
B(70点以上)=上記の到達目標をすべて達成しており、うち1つを「優れた水準」で達成。
C(60点以上)=上記の到達目標をすべて達成している。
F(59点以下)=上記の到達目標を1つ以上達成できていない。

■ 教科書

メディアの支配者 上下 中川 一徳
マクルーハン理論―電子メディアの可能性(単行本)
マーシャル マクルーハン(著)、エドマンド カーペンター(著)
大前 正臣(翻訳)、後藤 和彦(翻訳)

■ 参考図書

講義中に適宜指示します

■ 履修の条件・注意事項

映画の鑑賞・インターネット利用経験。

メディアに興味のある学生
私語厳禁

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.