大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
器楽アンサンブルC(ピアノ・管弦打コース) 磯﨑 淳子
川瀬 麻由美
石山 聡
宮添 奈央子
清水 万敬
高田 喜夫
各担当教員
通年
選択 4 実技 専攻科音楽専攻1年
(ピアノ)
(管弦打)
■ 授業の目的・到達目標

ピアノと弦楽器、ピアノと管(打)楽器などの室内楽曲や管楽器と弦楽器による楽曲等、異種楽器の組み合わせによるアンサンブルの研究
各グループの編成に応じた担当教員によるグループレッスンにより、基本的なアンサンブル技術を習得する

■ 各回の授業内容

前期・後期共に
1.ガイダンス(曲目及び編成の確認、教室の振分け、楽譜の準備など)
2~14.グループレッスン
編成に応じた担当教員が、ローテーションで指導する(例えばピアノトリオで楽器編成がピアノ・ヴァイオリン・フルートの場合、ピアノ・弦楽器・木管楽器の教員が分担)
15.発表(公開)

■ 準備学習等

各担当教官より指示
毎回の授業の予習及び復習をパートナーと行うことが必要

■ 成績評価の方法・基準

通年科目のため、後期に実技試験を行う
前期は発表のみ(公開)
平常点(個々のレヴェルアップ、仲間と協議し、作品を作り上げる積極的な姿勢)と発表、試験における成果を総合的に評価する

■ 教科書

各担当教官より指示

■ 参考図書

各担当教官より指示

■ 履修の条件・注意事項

・ピアノコース:アンサンブルAとの同時履修は不可
・管弦打コース:原則として一人1グループの履修とし、重複を避けること
※図書館に収蔵されていないなど楽譜の購入が必要な場合は、事前に相談すること

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.