大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
和声学特別研究 遠藤 信一
遠藤信一
前期集中
後期集中
選択 4 演習 専攻科音楽専攻1年
(理論)
■ 授業の目的・到達目標

機能和声音楽による古典的な作品の語法を調べる際、和声は最も重要な観点となる。この科目では、与えられた和声課題の作成をとおして4声体和声の声部書法を学び、作品の構成や様式等の研究を行う。
到達目標は、作品の構成や様式等を踏まえ、古典的な作品の構築性を理解し体感すること。

到達目標
・調性音楽における多種多様の「不安定状態」の効果を理解する。
・課題実施を通して、調性音楽の構築性の理解。
・「ゆれ」理論の総括。

■ 各回の授業内容

「『総合和声 実技・分析・原理』島岡譲他著 音楽之友社刊」をもとに、転調、借用、それらに伴う調関係の拡大、様々な・諸和音、転位及び修飾について研究する。併せて、実作品の実用例も調べる。

■ 準備学習等

指定教科書を熟読しておくこと。

■ 成績評価の方法・基準

授業内での試験および単元ごとの課題の実施を数回行い、総合的に評価する。

■ 教科書

授業内で示す

■ 参考図書

総合和声 実技・分析・原理 島岡譲他著 音楽之友社刊

■ 履修の条件・注意事項

履修に際し、原則として和声学Ⅰ・Ⅱ、和声アナリーゼ、和声アナリーゼ演習修了程度の能力が必要とされる。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.