大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
音楽研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ(管弦打・管打楽器) 清水 万敬
高田 喜夫
各楽器担当教員
前期
後期
必修 各4 実技 専攻科音楽専攻1年
専攻科音楽専攻2年
(管弦打)
■ 授業の目的・到達目標

各担当教官の個人指導のもと、短大2年間で学んだ専門技術のさらなる向上を目指す。専門分野以外の音楽についても、様々な機会を通じて幅広く学び、音楽全般にわたる教養を深める。
音楽研究I・II
2年次において学士取得に向けて、演奏技量の向上と楽曲分析、作曲家についてなど幅広い知識を持つことを目指します。
音楽研究III・Ⅳ
学士取得のためのヴィデオ収録が前期試験と研究発表の際に行われます。高度な演奏技術と豊かな表現力を目指します。

■ 各回の授業内容

個人レッスンとグループレッスン※履修条件参照のこと
1   ガイダンス(エチュード、楽曲等選曲)
2~13 レッスン 持ち替え楽器、オーケストラ・スタディ、それぞれの楽器におけるスタンダード楽曲
         学士取得に向けて準備、修了研究へ向けて準備
14~15 レッスン(伴奏付)

■ 準備学習等

各教官より指示
IIにおいては学内演奏で成果を発表するため後期試験とは別の楽曲を準備すること(12月または1月初旬)。
学位授与申請のために学修成果を演奏で行うために10分以上30分以内の楽曲を準備する。
音楽研究Ⅳでは、エテュードか無伴奏曲を公開発表する。
4年間の総まとめとして修了演奏を行う(12分以内)。

■ 成績評価の方法・基準

各期末毎に実技試験を行う

■ 教科書

各教官より指示

■ 参考図書

■ 履修の条件・注意事項

個人レッスン1コマ(45分)、グループレッスン1コマ(45分)で行う。
グループレッスンの内容については、各教官より指示。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.