大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
修了研究(プロダクトデザインコース) 松本 康史
松坂 洋三
松本 康史
後期
必修 8 実技 専攻科造形専攻2年
(プロダクトデザイン)
■ 授業の目的・到達目標

[授業の目的]本研究では各自が主体的に設定したテーマと、日程に基づき、2年間の研究成果を作品として結実させる。修了後の進路を念頭に、「つくる」だけでなく「見る」「論じる」能力の向上を図り、モノをつくる喜びを他者と共有できるような社会性の獲得に努める。"
[到達目標]①本科2年間・専攻科2年間の研究の集大成となる高い創造性のある制作を達成するとともに、創作活動の社会的な役割についても説明出来ること。
②学士レベルの提案のオリジナリティーとクオリティーを創作することと、意欲的な取り組み姿勢が作品からくみ取れること。
③プロダクトデザインの本質を理解した正しい研究テーマ設定と、具体的な問題解決策の提案が、盛り込まれていること。

■ 各回の授業内容

1.課題設定・提出物・日程・評価方法の説明 2-4.「観察・調査」利用者の立場にたったデザイン思考で問題点抽出のために利用者の観察と体験による問題の本質の把握・解決策の検討
5-7.「デザインによる問題解決の可視化とプロトタイプによる検討」8-10.「解決策の検証、素材、構造、仕上げなどの詳細の検討 11-12「プロトタイプとデザイン評価」13-14.「デザイン修正、追加提案」 15.修了研究 審査 16.結果発表

■ 準備学習等

■ 成績評価の方法・基準

①制作過程における出席状況や授業態度
②提出された修了制作作品の表現力,完成度等の評価

■ 教科書

・必要に応じて随時配布または指示をする。

■ 参考図書

・必要に応じて随時配布または指示をする。

■ 履修の条件・注意事項

・展覧会準備(設営)などに参加し、経験を積むことが望ましい。
・学外での活動を行う場合がある。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.