大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
修了研究(ビジュアルデザインコース) 根之木 英二
西口 顕一
後期
必修 8 実技 専攻科造形専攻2年
(ビジュアルデザイン)
■ 授業の目的・到達目標

本研究では、デザインコンセプトに基づく、パッケージデザイン、VI計画および広告分野の作品制作を通して、各自の計画に基づく総合的かつ主体的な表現の研究を行う。
到達目標:
デザインイメージを広告やポスター、タイポグラフィ、パッケージなどの具体的な視覚造形表現を通じて実現するために、以下の能力の習得を到達目標とする。
①目的に合ったコンセプトメイキング能力の習得。
②色・形・文字・画像を使用してコンセプトの具現化能力の習得。
③制作意図を的確に表現するプレゼンテーション能力の習得。

■ 各回の授業内容

ビジュアルデザインについて、総合的な表現研究を実践するために、各自の計画に基づいて以下の内容で研究を行う。
(第1回)視覚造形表現のテーマ及び表現媒体についての検討。
(第2回)決定したテーマについての考察とリサーチ。
(第3回)コンセプトメイキング
(第4回)コンセプトに基づくデザインイメージのアイデアメイキング
(第5〜7回)作品制作
(第8回)中間プレゼンテーションを行い、コンセプトの具現化状況について多角的に検討を行う。
(第9回)コンセプトの確認と表現の再チェック。
(第10〜15回)作品の制作及びプレゼンテーションの資料の制作。
(第16回)最終プレゼンテーション。

■ 準備学習等

■ 成績評価の方法・基準

①ミーティング出席率とミーティング内容
②中間プレゼンテーションと最終プレゼンテーションの発表内容
③最終的な制作物に対しての評価

■ 教科書

適宜ミーティングに必要な資料を用意する。

■ 参考図書

適宜ミーティングに必要な資料を用意する。

■ 履修の条件・注意事項

毎週指定時間にミーティングを行い、担当教員の指導を受ける

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.