大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
ドイツ語ⅠAドイツ語ⅠB 高瀬 圭子

前期
後期
選択必修 各1 講義 美術科1年
音楽科1年
国際総合学科1年
情報コミュニケーション学科1年
■ 授業の目的・到達目標

ドイツ語という言語に親しみ、その基礎を修得することを目的とします。また、ドイツ語の学習を通じて、ドイツ語圏の文化や生活を知ることも目指します。この授業の到達目標は、次の通りです。
1. ドイツ語発音の基本的な決まりに従って、単語や簡単な文章を発音することができる。
2. ドイツ語の最初歩の文法(動詞の現在人称変化、疑問文、冠詞・名詞の格変化、前置詞の用法など)を身につける。
3. 上記の文法知識を用いて、簡単なドイツ語の会話ができる。

■ 各回の授業内容

受講者の理解度・到達度に応じて授業をすすめますが、おおよそ次のような内容を扱う予定です。
【ドイツ語IA】
1. ガイダンス 2. 発音の基本、あいさつ 3-4. 動詞の人称変化 5. 疑問文 6. 会話表現 7. 練習問題 8. 定冠詞・不定冠詞 9. 否定文・語順 10.会話表現 11. 練習問題 12. 名詞の格変化(4格) 13. 会話表現 14. 練習問題 15. まとめ
【ドイツ語IB】
1. 復習 2. 人称代名詞の格変化(3・4格) 3. 否定冠詞、動詞haben 4. 名詞の複数形 5. 不規則動詞 6. 会話表現 7. 練習問題 8-9. 3格支配の前置詞、4格支配の前置詞 10-11. 3・4格支配の前置詞 12. 名詞の格変化(3格) 13. 会話表現 14. 練習問題 15. まとめ

■ 準備学習等

授業内で小テストを行い、練習問題などの宿題を課します。また、授業の中で前回学んだ内容についての質問を行うことがありますので、必ず復習をしておいてください。

■ 成績評価の方法・基準

平常点(小テストの成績、提出課題など)40%、学期末試験60%

■ 教科書

『ベーシック版 自己表現のためのドイツ語〈プラス〉』(三修社)

■ 参考図書

独和辞典を各自で用意してください。

■ 履修の条件・注意事項

ドイツ語IBを履修するためには、ドイツ語IAの単位を修得していなければなりません。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.