大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
情報処理技術者試験対策講座 吉岡 孝

後期
選択 1 講義 情報コミュニケーション学科1年
情報コミュニケーション学科2年
■ 授業の目的・到達目標

より高度な資格取得の希望に対応するため、情報の分野で短大生でも比較的とりやすいITパスポートという資格を取得するための勉強を演習・解説の形で補助する。到達目標は①出てくる問題のキーワードが分類できる。②過去問を80%以上の正答率にする。③学習した類題がほぼ正答できる。

■ 各回の授業内容

毎回テーマを決めて過去問などの問題を解きながら、問題の解説をする。
最後に類似問題と次週までの課題を出す。
徹底した反復演習形式ですすめる。
各回の内容はレベルに応じて変えるので明示できないが、かなりの量をこなす目的で学習をする。

1回    ITパスポート試験と学習の仕方について
2~15回 過去問の読解と解説

■ 準備学習等

問題のプリントを渡すので次回までに目を通しておくこと。
問題を解いておくのが好ましいが、1問あたり3分以上かかるのであれば飛ばして進めていただいて結構なので、関連キーワードを押さえる学習をしておくこと。

■ 成績評価の方法・基準

ITパスポート風模擬試験を行ないそれのみで評価する

■ 教科書

初回の講義で紹介する

■ 参考図書

ITパスポート合格教本(技術評論社)
キタミ式イラストIT塾ITパスポート試験(技術評論社)
栢木先生のITパスポート試験教室(技術評論社)
ITパスポート試験対策テキスト(FOM出版)

■ 履修の条件・注意事項

「情報基礎」を履修しておくこと

ITパスポートは必要な知識の範囲が広いのでこの時間だけでは十分とはいえない。取得を目指す学生は春休み中の過去問の学習が欠かせないので、ITパスポートの資格を取得するための勉強を始めるキッカケになる講座という位置づけである。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.