大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
卒業研究(狩谷) 狩谷 新

通年
必修 3 講義 情報コミュニケーション学科2年
■ 授業の目的・到達目標

私の30年に亘る映像業界(映画・CM・テレビ)での経験を活かした形で、学生諸子が情報コミュニケーション学科で学んだ知識を集約、地域からの情報発信をテーマにビジュアルを重視したウエッブ・サイトの構築(動画表現を含む)を目指します。県下の地域、施設もしくは祭事等のイベントをテーマとし、その機能と役割を調査研究した上で、表現することとします。到達目標は以下の通りです。
①動画撮影の基本を身につける。
②編集ソフトの使い方に習熟する。
③ナレーション原稿の作成ができる。
④素材のテーマを的確に把握する。

■ 各回の授業内容

十分な調査が可能な対象を選択することから、研究が始まります。対象と向き合いそれを十分に理解した上で、最も効果的な表現手法を選ぶのが第二段階。次にメインとなるターゲットを想定し、その特質を見出し、実際のサイト作成に取り掛かります。テーマ選択に関しては、以下の分野を設定します。
①施設(図書館・公民館・大学等)②地域(大分市・別府市・臼杵市及び各学生の出身地)③祭事(10年以上の歴史を持つ祭り、イベント等)④人物(伝統芸・職人)⑤美術(路上彫刻)

■ 準備学習等

ニュース番組における特集映像の習慣的な鑑賞

■ 成績評価の方法・基準

日頃の活動をもとに評価します。評価の基準は以下の通りです。
S(90点以上)=上記の到達目標をすべて達成しており、うち3つ以上を「優れた水準」で達成。
A(80点以上)=上記の到達目標をすべて達成しており、うち2つを「優れた水準」で達成。
B(70点以上)=上記の到達目標をすべて達成しており、うち1つを「優れた水準」で達成。
C(60点以上)=上記の到達目標をすべて達成している。
F(59点以下)=上記の到達目標を1つ以上達成できていない。

■ 教科書

適宜指示します。

■ 参考図書

■ 履修の条件・注意事項

映像編集演習・プレゼンテーションの履修

ビジュアルコミュニケーションに興味のある学生

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.