大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
心理学研究法 藤田 文
吉山 尚裕
柴田 雄企

前期
後期
必修 1 講義・実習 情報コミュニケーション学科1年
■ 授業の目的・到達目標

 心理学研究の基本は,人間の行動を注意深く「観察」することです。また,人間の行動に影響する要因を明らかにするために,「実験」を行います。この授業では,観察と実験の実習を通して心理学における研究法の基本を学びます。
 【到達目標】①データの収集や分析を的確に行うことができる。②データを平均値や度数など数量的にまとめることができる。③目的・方法・結果・考察に分けてレポートを書くことができる。

■ 各回の授業内容

1.グループ別オリエンテーション
2.観察実習のオリエンテーション
3.ニホンザルの行動観察実習
4.ニホンザルの観察データの分析
5.ニホンザルの観察データの分析
6.基礎実験1の実施
7.基礎実験1のデータ分析
8.基礎実験1のデータ分析
9.レポートの書き方を学ぶ
10.基礎実験2の実施
11.基礎実験2のデータ分析
12.基礎実験2のデータ分析
13.実験計画を学ぶ
14.研究論文を読む
15.まとめ

■ 準備学習等

この授業では,準備学習は必要ありません。授業中とその後が大切です。観察や実験の実習後,レポートの作成と提出を求めます。(3~4回)

■ 成績評価の方法・基準

平常点(40%)と数回のレポート(60%)

■ 教科書

教科書は使用しません。シートや資料を配布します。

■ 参考図書

中澤・大野木・南(編)「心理学マニュアル 観察法」(北大路書房)
後藤・大野木・中澤(編)「心理学マニュアル 要因計画法」(北大路書房) 
  

 

■ 履修の条件・注意事項

病気等,特別の事情がない限り休まないこと。もし休んだら担当の先生や友人に課題が出ていなかったか確認してください。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.