大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
発展演習(安倍) 安倍尚紀

後期
必修 1 演習 情報コミュニケーション学科1年
■ 授業の目的・到達目標

 学生ひとりひとりの興味や関心にしたがって研究室に分かれ、それぞれの分野がどのようなものであるかを学びます。基礎演習と卒業研究の橋渡しを行い、卒業研究に備えての基本的な事柄を学習します。
 社会情報学研究室(安倍研究室)では、とりわけ情報技術やメディア文化(マンガや伝統芸能など)、地域社会(日本に限らず国外も含めた)を対象として、各自が研究テーマを見つけることを目的とします。

■ 各回の授業内容

 基本的には、進路指導や履修指導などの全体講義が多くなりますが、年度末に実施される卒業研究発表をより深く理解できるように準備を行うことになります。

■ 準備学習等

(1)GTD、デザイン、コピーライティングという文系に必須の3スキルを高めるべく、これらの自主学習に取り組んでください。
(2)読書方法について学んでもらい、半年間で、目標20冊の読書をしてもらいます。現時点で読書が苦手な人も、自分が興味をもつ分野について考えておいてください。
(3)他は、適宜、指示します。

■ 成績評価の方法・基準

授業時の発表と議論への参加度を総合して評価します。

■ 教科書

適宜、指示します。

■ 参考図書

水野敬也、2011、『夢をかなえるゾウ』、飛鳥新社; 文庫版(680円)

■ 履修の条件・注意事項

毎回出席することが原則です。議論への積極的な参加を期待します。
安倍の担当科目のできるだけ多くを受講しておいて下さい。ゼミ配属の選考では、これらのレポート内容も加味しています。将来、海外に関わる仕事をしてみたい人、マレーシア短期留学(例年、2月に実施)に興味がある人等も歓迎します。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.