大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
地域社会特講Ⅱ 吉良 伸一
竹内 裕二

後期
必修 2 講義 情報コミュニケーション学科1年
■ 授業の目的・到達目標

今日の地域社会の理解の理解のために、地域で地域社会のために活躍されている方々に実際に来て話をしてもらいます。社会学・心理学・情報科学・メディアの各領域から話をお願いします。講演を聴くだけではなく、イベントに参加したりボランティアに参加するきっかけとして、学生の皆さんの活動を拡大するためにも役立っています。情報コミュは専門科目の必修です。その他の学科は共通教育科目となります。
①発表について調べる、②発表を聞き内容をコーネル大式ノートにまとめる、③発表の内容などを毎回レポートにまとめる、④振り返りで最小限必要な知識を得たか確認する、⑤関心のある活動に参加する。

■ 各回の授業内容

1.社会福祉 ハンディーキャップと生きる
2.人権 子どもを守る、女性の人権
3.心のケアー
4.環境と社会 住宅・エネルギー
順番は変わります。
昨年の例
①知的障害とすぎのこ村、②発達障害とフリーリー、③性暴力・DVえばの会
④広汎性発達障害(自閉症)⑤アートスタジアムオフィス⑥サファリパーク
⑦知的障害について、⑧ひとり人形芝居の活動、⑨別府プロジェクト
⑩日本の森と木材、⑪住宅を考える、⑫自然エネルギーの活用、
⑬サービスラーニング発表会、⑭解説

■ 準備学習等

なるべく早く予定を発表しますからテーマについて調べておいてください。

■ 成績評価の方法・基準

平常点・毎回レポート(70%)・小テスト(30%)
毎回、意見や感想を簡単なレポートに記入してもらいます。
そのほか基本的用語の理解など小テストを行います。

■ 教科書

そのつど、関連文献などを示します。

■ 参考図書

情報コミュニケーション学科ホームページ→講義紹介→地域社会特講Ⅰ・Ⅱ
http://oitapc-cis.jp/index.php?id=80 や
情報コミュニケーション学科フェイスブックページ
https://www.facebook.com/oitageitan.jyoucom を参考にしてください。

■ 履修の条件・注意事項

地域活動やボランティアをするきっかけです。是非参加してください。
情報コミュニケーション学科1年生は必修科目です。
他学科の学生は共通教育科目となります。
みなさん地域で活躍されている方がお忙しい中、話しに来てくれています。
たいへん貴重な機会ですから、熱心に聞いてください。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.