大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
社会福祉論 吉良 伸一

後期
選択 2 講義 情報コミュニケーション学科1年
情報コミュニケーション学科2年
■ 授業の目的・到達目標

 現代の社会福祉の基本的な潮流の一つはノーマライゼイションと呼ばれます。高齢者も障害者も家庭的に恵まれない子どもも、地域の中で普通に生活し働き結婚し子どもを産んで年老いていけるようにしようということがこの言葉の意味です。そのためには地域の人たちみんなの協力と理解が必要です。社会福祉についての基本的理解と様々な福祉制度について幅広く学ぶことを目的とします。
目標:①現代の福祉問題についてどのような問題があるか知る。②それぞれの問題について原因と課題、制度を理解する。③それぞれの問題について自分が知っておくべきこと自分がすべきことを考えられる。

■ 各回の授業内容

1.社会福祉とは何か
2.生活保護
3.児童家庭福祉
4.障害者福祉(身体障害・知的障害・精神障害)
5.高齢者福祉
6.その他の福祉
 各領域について今の話題を取り上げながら各2回程度
 現代の福祉問題、ホームレスや保育所は本当に足りているのか、児童虐待やドメスティック・バイオレンスなどについて、毎回、学生諸君の発表を取り入れて、参加型の講義にしていく予定です。

■ 準備学習等

関連のテレビ番組・新聞記事・本・ホームページを見たり、記録しておいてください。

■ 成績評価の方法・基準

平常点・毎回レポート(70%)・小テスト(30%)
毎回、意見や感想を簡単なレポートに記入してもらいます。
そのほか基本的用語の理解など小テストを行います。

■ 教科書

教科書:厚生統計協会『国民福祉の動向』厚生の指標臨時増刊 毎年10月発行

■ 参考図書

■ 履修の条件・注意事項

児童福祉・高齢者福祉について少子高齢社会論も履修するよう希望します。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.