大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
少子高齢社会論 吉良 伸一

後期
選択 2 講義 情報コミュニケーション学科1年
情報コミュニケーション学科2年
■ 授業の目的・到達目標

 私たちが生きる21世紀の前半は、我が国だけでなく先進諸国すべてで人口の高齢化と人口減少が起きてきます。その意味で現代社会は少子・高齢化・人口減少社会といえます。この講義は少子高齢社会の実態を科学的に分析して、私たちの社会が目指すべき方向を冷静に見つめていきたいと思います。
目標、①人口の高齢化についての現状や原因、課題を理解する。②過疎高齢化など地域的格差を理解する。③少子化や高齢化に伴う社会問題について理解する。④過疎地域での活動などに参加する。⑤今後の高齢化や少子化、過疎化についてどのようにすべきか自分なりの意見が持てる。

■ 各回の授業内容

1.高齢化・少子化・人口減少の現状
2.高齢化・少子化の原因
3.少子化対策・子育て支援
4.少子高齢化と経済
5.過疎化と高齢化
6.人口減少時代の地域づくり
7.エイジングと老化 身体機能
8.エイジングと老化 知的能力
9.要介護高齢者
10.認知症
11.年金
12.介護保険
13.高齢者福祉
14.少子高齢化社会の理念と現実
15、討論:少子高齢化社会をどう生きるか。

■ 準備学習等

新聞などの関連記事やテレビ番組・ホームページなどを記録しておいてください。

■ 成績評価の方法・基準

平常点・毎回レポート(70%)・小テスト(30%)
毎回、意見や感想を簡単なレポートに記入してもらいます。
そのほか基本的用語の理解など小テストを行います。

■ 教科書

参考文献:辻正二・船津衛編『エイジングの社会心理学』北樹出版

■ 参考図書

■ 履修の条件・注意事項

関連のテレビ番組・新聞記事を読んでください。

社会福祉論も履修することが望ましいです。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.