大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
アナウンス講座 玉野井 ちさと
後期
選択 1 講義・実習 情報コミュニケーション学科1年
情報コミュニケーション学科2年
■ 授業の目的・到達目標

スピーチコミュニケーションは、人間関係の基本であると同時に、人間の品性に関わる重要な専門領域です。「伝える力」を持ったコミュニケーションは、人を感動させ、行動を喚起することができます。
 本講義では、アナウンス技法を演習することで必要な基礎力・表現力・読解力を認識、実践させ、加えて美しく適切な「言葉使い」への意識を高め、理解を促していきます。又、毎回、笑顔の訓練も行い、明るいスマイル&スマイルボイスの定着を図ります。

■ 各回の授業内容

①放送現場の実情と求められる資質
②声を出す基本(呼吸法・発声・発音)
③日本語のきまり(アクセント)
④日本語のきまり(無声化・鼻濁音・長音)
⑤滑舌練習Ⅰ
⑥滑舌練習Ⅱ
⑦表現技術(イントネーション)
⑧表現技術(プロミネンス・ポーズ・緩急自在)
⑨実践練習Ⅰ読む(ニュース・天気予報)
⑩実践練習Ⅱ(CM・ナレーション)
⑪実践練習Ⅲ(表現読みで自己開放)
⑫実践練習Ⅳ話す(リポート)
⑬実践練習Ⅴ(自己PR60秒)
⑭模擬オーディション 
⑮総合演習(まとめ)

■ 準備学習等

配布された演習課題の復習(実践)をしてください。

■ 成績評価の方法・基準

平常点・演習への取り組み(70%)とレポート(30%)を総合して評価します。

■ 教科書

音やアナウンス教本〈SOUND&SPEECH CREATION〉
(一般書店非売品 1,080円)

■ 参考図書

■ 履修の条件・注意事項

毎回声を出す授業ですから、のどの管理に気を配ってください。また基礎力などを見るための演習チェックを予告なく行なうことがあります。
模擬オーディションの出席は必須です。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.