大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
メディア史 狩谷 新

後期
選択 2 講義 情報コミュニケーション学科2年
■ 授業の目的・到達目標

 新聞→ラジオ→映画→テレビ→インターネットと変遷してきたメディアの歴史を辿りながらそれぞれが果たしてきた役割を学びます。到達目標は以下の通り
①メディア特性と現状の理解
②メディアの果たしてきた役割を知る。
③マスメディアと情報量の関係を理解
④これからの広域広範囲の情報伝達方法を探る。

■ 各回の授業内容

第1回 ガイダンス メディアとは何か
第2回 報道とは何か?
第3回 情報は娯楽か?
第4回 新聞小説とその影響
第5回 ラジオの時代
第6回 映画史 1
第7回 映画史 2
第8回 テレビ草創期
第9回 テレビ発展期
第10回 テレビ隆盛期
第11回 ゲーム
第12回 ネットの誕生
第13回 ネットの発展
第14回 SNS
第15回 総括

■ 準備学習等

情報伝達に興味を持つこと

■ 成績評価の方法・基準

日頃の授業内でのリポートおよび中間期末でのリポートをもとに評価します。評価の基準は以下の通りです。
S(90点以上)=上記の到達目標をすべて達成しており、うち3つ以上を「優れた水準」で達成。
A(80点以上)=上記の到達目標をすべて達成しており、うち2つを「優れた水準」で達成。
B(70点以上)=上記の到達目標をすべて達成しており、うち1つを「優れた水準」で達成。
C(60点以上)=上記の到達目標をすべて達成している。
F(59点以下)=上記の到達目標を1つ以上達成できていない。

■ 教科書

講義内で適宜指示します

■ 参考図書

メディアの支配者 上下 中川 一徳
テレビはなぜ、つまらなくなったのか―スターで綴るメディア興亡史 金田信一郎(著)
テレビはインターネットがなぜ嫌いなのか 吉野 次郎(著)

■ 履修の条件・注意事項

2年生について、本科目は「放送論」として扱われます。
昨年「放送論」を履修した学生には履修しても単位はでません。
テレビ番組の客観的視聴

メディアに興味のある学生。私語厳禁

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.