大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
簿記Ⅰ 加藤 典生
前期
選択 2 講義 国際総合学科1年
情報コミュニケーション学科1年
情報コミュニケーション学科2年
■ 授業の目的・到達目標

簿記は企業経営を映し出す鏡です。経営者に限らず、自社の財政状態や経営成績を把握しておくことは重要なことであり、それを知るための唯一の方法が簿記です。したがって、簿記を理解し習得することが、企業に就職する者、あるいは企業を相手にする職種に就こうとする者にとって不可欠です。
 本科目は、後期科目の簿記Ⅱと併せて11月、2月(または履修後の6月)に実施される日商簿記検定3級の合格を目指します。
 簿記の能力は、数多くの問題を解くことで身についていきますし、問題も段階を踏んで応用になっていきます。ですから、理解できない部分を放置せず、授業内容ごとに理解していくことが重要です。

■ 各回の授業内容

1 簿記とは
  貸借対照表と損益計算書
2 簿記上の取引とは
  勘定科目の紹介
  仕訳のつくり方
3 取引と仕訳および勘定記入
 仕訳帳と、総勘定元帳への転記
4 現金および預金取引
5 商品売買の処理
6 掛け取引の処理
7 その他の債券と債務
8 手形取引の処理
9 有価証券と固定資産
10 決算と財務諸表(その1 試算表の作成)
11 決算と財務諸表(その2 精算表の作成)
12 決算と財務諸表(その3 費用と収益勘定の整理)
13 決算と財務諸表(その4 帳簿の締め切り、貸借対照表と損益計算書の作成)
14 総合演習(その1)
15 総合演習(その2)

■ 準備学習等

学習した範囲について、練習問題を指示するので、必ず翌週までに解いておくように。

■ 成績評価の方法・基準

平常点(40%)と試験(60%)を総合して評価します。

■ 教科書

授業は、プリントを配布して行う予定です。

■ 参考図書

検定簿記講義3級 平成29年度版(または28年度版)中央経済社
ステップアップ問題集 日商簿記3級 大原出版

■ 履修の条件・注意事項

毎回練習問題を解きますので、電卓を持参してください。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.