大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
観光英語 大木 正明

前期
選択 2 演習 国際総合学科1年
■ 授業の目的・到達目標

 映像教材を用いて、ホテル・観光・ショッピングなど海外旅行の様々な状況や場面を設定し、それぞれの場面に応じた英語表現を学びます。その際、シャドウイングやロールプレイをとおして状況に応じた基本的な英語表現を学び、英語コミュニケーション能力の育成を目指します。 
到達目標:1.観光旅行に必要となる基本的な表現を学ぶ。 
     2.状況に応じた英語のリスニング力および会話能力を向上させる。 
     3.英単語を覚えるのではなく、会話に必要な言い回しを「チャンク」として身につける。

■ 各回の授業内容

使用するテキストは、旅行や観光の際の様々な場面での専門的な用語や、言い回しなどに慣れるような構成になっています。それぞれの場面に応じた英語表現力やリスニング力を養うとともに、初歩的な相手とのコミュニケーションや緊急時に必要となる会話表現を具体的に身につけます。 
 テキストの扱うトピックは、以下のような内容です。 
1. 発音について 
2. 海外観光                  9. ショッピング 
3. ホテルにて           10. ホテルと街中での軽食 
4. ホテルサービスとチェックアウト       11. レストランでの夕食 
5. 公共の交通手段利用           12. 郵便局と公衆電話 
6. タクシーとレンタカー         13. 落とし物 
7. 道を尋ねる        14. 病院にて 
8. まとめ (1)            15. まとめ (2)   

■ 準備学習等

十分な予習と復習をして授業に参加してください。 
英語表現を学ぶためには、単語ばかりでなく英語表現そのものを発音し暗唱し、繰り返し声を出して練習しましょう。

■ 成績評価の方法・基準

平常点(20%)、小テスト(30%)、学期末試験(30%)により、総合的に評価します。

■ 教科書

開講時に指示します。

■ 参考図書

授業には必ずテキストを買っておくこと。また必ず辞書を持参してください。(辞書の指定はありません)

■ 履修の条件・注意事項

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.