大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
音楽美学 松田 聡
前期
選択 2 講義 音楽科2年
■ 授業の目的・到達目標

・音楽の「理解」をめぐって美学的な考察を行う。とくに、「ある作品を誰々の作品として理解するということはどういうことなのか」という問題について、「誰々の作品」とは単純にいえない例に基づいて考察する。具体的には、「編曲」「未完成作品の補筆完成」等の作品例、あるいは他人の作品の模倣が指摘される例を取り上げ、それらの「理解」が通常の音楽作品の場合とどのように異なるのかを探っていく。

・到達目標は次のとおり。
①各回の授業が何をテーマとし、どのような考察をしているか、しっかり把握できるようになること。
②音楽作品の理解にとって、作者や成立事情などの情報がどのような意味を持つのか、理解すること。
③授業での考察を参考に、さまざまな音楽を主体的に理解しようとする姿勢を身につけること。

■ 各回の授業内容

第1回:ガイダンス
第2回:問題設定
第3~5回:編曲について
第6回:引用について
第7~11回:未完成作品について
第12回:偽作について
第13回:模倣について
第14回:音楽文化と音楽作品
第15回:まとめ

■ 準備学習等

特に必要ない

■ 成績評価の方法・基準

平常点40%、試験60%

■ 教科書

教科書は用いない。

■ 参考図書

参考文献は授業中に適宜指示する。
指定参考書:国安洋『音楽美学入門』(春秋社、1981年)

■ 履修の条件・注意事項

受講等に関する重要事項は初回に説明するので、必ず出席すること。

※理論コースの学生は必ず履修すること。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.