大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
世界の美術 荻野 哉

後期
選択 2 講義 美術科1年
美術科2年
音楽科1年
音楽科2年
国際総合学科1年
国際総合学科2年
情報コミュニケーション学科1年
情報コミュニケーション学科2年
■ 授業の目的・到達目標

授業の目的:
美術には、単に美しい世界が表現されているだけではなく、さまざまなメッセージや明確な意図もこめられています。本講義ではこの問題について、西洋美術を中心に考察していきます。
到達目標:
西洋美術の世界に関する理解を深めること。

■ 各回の授業内容

1.イントロダクション
2.美術史とは何か
3~5.ギリシア・ローマ美術
6.キリスト教美術
7~8.ルネサンス
9~10.肖像画
11.これまでの復習、および小テスト・レポートの説明
12~14.ネーデルラントの美術、および小テスト
15.まとめ

■ 準備学習等

教科書および配布プリントの予習・復習が重要です。

■ 成績評価の方法・基準

小テスト、および期末レポートを総合的に評価します。

■ 教科書

木村泰司『名画の言い分』(集英社、2007年)。その他、プリントを配布します。

■ 参考図書

講義中に指示します。

■ 履修の条件・注意事項

・履修にあたって、美術に関する特別な知識は必要ありません(全学科からの受講を等しく歓迎します)。ただし講義の内容上、世界史の基礎的な知識は身につけておくと理解が深まります。
・美術科の学生は、美術・デザイン専攻ともに2年のみ受講可能です(1年の受講は不可)。
・大分県立美術館や大分市美術館などで開催される展覧会には、積極的に足を運んでください。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.