大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
指揮Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 森口 真司

前期
後期
選択 2 実技 音楽科1年
音楽科2年
(指揮)
■ 授業の目的・到達目標

指揮Ⅰ(1年前期)
 指揮の基本中の基本である「正確なテンポ」を「明確」に指示できることを目標に、比較的単純な曲を用いて指揮法の基礎を学ぶ。
指揮Ⅱ(1年後期)
 指揮Ⅰで習得した基礎的技術を応用し、さらに複雑な表現を演奏者に伝達できることを目標とする。
指揮Ⅲ(2年前期)
 合奏の現場ではどのような指揮が必要とされているかを実感しつつ、小編成のアンサンブルや合唱を実際に指揮し、リハーサルの進め方を身につけることを目標とする。
指揮Ⅳ(2年後期)
 指揮Ⅰ~Ⅲで学んだことの集大成として、卒業演奏で取り上げる曲のリハーサルを行う。

■ 各回の授業内容

指揮Ⅰ 
第1回~第8回 必修の「指揮法」の内容を先取りする形で指揮法の基礎を理解・習得する。
第9回~第12回 小規模な楽曲を使って基礎技法を確実なものにする。 
第13回~第15回 試験曲 
指揮Ⅱ
第1回~第6回 古典派楽曲(ハイドン・モーツァルト) 
第7回~第12回 古典派楽曲(ベートーヴェン) 
第13回~第15回 試験曲
指揮Ⅲ 
第1回~第6回 古典派楽曲(ベートーヴェン)と並行して合唱曲・吹奏楽曲 
第7回~第12回 ロマン派楽曲(シューマン・ブラームス他)と並行して合唱曲・吹奏楽曲 
第13回~第15回 試験曲
指揮Ⅳ
第1回~第8回 各自が選択した分野の楽曲を使って指揮Ⅰ-Ⅲで学んだ技法の再確認をする。 
第9回~第12回 試験曲
第13回~第15回 リハーサル 

■ 準備学習等

授業で使用する楽譜(スコア)を常に携帯し、深く読み込むこと。

■ 成績評価の方法・基準

実技試験(指揮Ⅳはリハーサルの過程が審査対象)

■ 教科書

授業で取り上げる楽曲のスコア

■ 参考図書

■ 履修の条件・注意事項

特別な理由がない限り毎回の出席が前提条件
※指揮コースの学生は必ず履修すること

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.