大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
音楽理論 遠藤 信一

前期
必修 2 講義 音楽科1年
■ 授業の目的・到達目標

音楽を理解する一つの方法として、(聞こえてくる音からではなく)楽譜を読み取って聴く「読譜」がある。本学で読譜の学習のために開講されている科目は、「和声学」「和声アナリーゼ」「和声アナリーゼ演習」「対位法Ⅰ・Ⅱ」などである。それらの学習において、まず記譜に関する諸規則―楽典―が身についていることが大前提である。本科目では、楽典の基礎から和声学の予備知識までを学習する。
到達目標
・楽典(音程・調に関する基本事項)の修得
・和音及び「ゆれ」理論の基礎の理解
・調性音楽を理解するための基礎知識の理解

■ 各回の授業内容

第1回 ガイダンス、導入
第2回 音名、譜表1
第3回 音名、譜表2
第4回 リズムと拍子 1
第5回 リズムと拍子 2
第6回 音程 その1
第7回 音程 その2
第8回 音程 その3
第9回 音階と調 その1
第10回 音階と調 その2
第11回 音階と調 その3
第12回 和音 その1
第13回 和音 その2
第14回 和音 その3
第15回 まとめ

■ 準備学習等

課題実施などの充分な復習が必要である。

■ 成績評価の方法・基準

授業内テストを数回行い、総合評価する。

■ 教科書

授業内にテキストを配布する。参考文献はその都度授業の中で紹介する。

■ 参考図書

授業内で示す

■ 履修の条件・注意事項

基礎科目である。確実に修得すること。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.