大分県立芸術文化短期大学 平成29年度講義概要
科目一覧へ戻る
授業科目 担当教員名 開講時期 必修・選択 単位 授業形態 学科・学年
法学(日本国憲法) 青野 篤
後期
選択 2 講義 美術科1年
美術科2年
音楽科1年
音楽科2年
国際総合学科1年
国際総合学科2年
情報コミュニケーション学科1年
情報コミュニケーション学科2年
■ 授業の目的・到達目標

日本国憲法は,人権を保障した部分と統治の仕組みを定めた部分から構成されますが,この授業では,実際に起きた事件や裁判例を踏まえながら,憲法が保障する人権についての理解を深めてもらうことを主な目的とします。そのことを通じて,民主的な決定に相反する価値観をもつ個人の権利主張を日本国憲がどこまで認めているかを学んでもらいたいと思います。

到達目標は,以下の通りです。
①日本国憲法を学ぶうえで必要となる基礎的な用語や考え方を理解できる。
②日本国憲法が保障している主な人権の意義・内容・限界について,実際の裁判例も踏まえて,理解できる。
③授業で取りあげる憲法上のテーマについて,自分なりの見解をもち,関心をもち続けることができる。

■ 各回の授業内容

第1回 雇用における男女平等    第9回 教育権
第2回 法の下の平等(1)       第10回 死刑制度
第3回 法の下の平等(2)       第11回 自己決定権・子どもの人権
第4回 信教の自由         第12回 プライバシー権
第5回 表現の自由(1)        第13回 外国人の権利
第6回 表現の自由(2)        第14回 平和主義
第7回 営業の自由         第15回 改憲の可能性
第8回 生存権

■ 準備学習等

教科書を活用して,予習と復習に励むとともに,憲法に関係する時事問題にも関心をもってもらいたい。

■ 成績評価の方法・基準

小課題(小テスト・アンケート・レポート等)50%,期末試験50%で評価します。

■ 教科書

教科書:初宿正典ほか『いちばんやさしい憲法入門〔第5版〕』(有斐閣,2017年)(発行予定)
※受講者は,教科書販売期間中に各自で購入して下さい。

■ 参考図書

君塚正臣編『高校から大学への憲法〔第2版〕』(法律文化社,2016年)

■ 履修の条件・注意事項

・レジュメ,資料等は出席者のみに配布します(再配布は原則行いません)。
・授業中の私語や携帯電話の使用は厳禁とします。注意に従わない場合は,不利益処分を課します。
・成績不良者に対する再試験等の救済は行いません。

科目一覧へ戻る

Copyright © 大分県立芸術文化短期大学 All Rights Reserved.